筆者が訪れた世界遺産を紹介


by fpr63tba4z
 鳩山由紀夫首相は22日、神奈川県横須賀市の防衛大学校(五百旗頭(いおきべ)真校長)の卒業式で訓示し、「日米同盟を基軸とする方針は、鳩山内閣でも揺るぎなく継続していく」と強調した。その上で、自衛隊を「アセット(資産)」と位置付け、「日本外交のために戦略的に使いたい」と述べ、国連平和維持活動(PKO)など国際貢献に積極的に取り組む意向を示した。

 首相は「近隣諸国との間に、信頼醸成と相互依存のネットワークを張り巡らせ、共通ルールを構築する視点も、わが国の安全保障戦略上、不可欠だ」と述べ、自ら提唱する東アジア共同体構想に言及した。今年度の卒業生は留学生11人を含む375人(うち女性26人)。自衛官任官者数は345人で、民間企業に就職など任官拒否者は17人(同1人)だった。【仙石恭】

【関連ニュース】
普天間移設:鳩山首相、米に理解求めていく考えを強調
普天間移設:鳩山首相「難しいけれど頑張っている」
鳩山首相:パラリンピック金メダリストにおわび
東アジア共同体:5月末にまとめ 首相が指示
鳩山首相:生方氏更迭やむなし「議論は党の中で」

次官経験者らも沈黙破る…密約参考人質疑(読売新聞)
「批判した人切る、改革にならない」民主・生方氏(読売新聞)
法務省広島矯正管区の総務課長、酔って車ける(読売新聞)
<11年冬季国体>スキー競技の秋田開催が正式決定 (毎日新聞)
阿久根市長、一般質問も欠席…市議会流会に(読売新聞)
[PR]
# by fpr63tba4z | 2010-03-24 12:30
 17日午前6時15分ごろ、福岡県柳川市佃町の市営養護老人ホーム「柳光(りゅうこう)園」(相浦孝道園長)から「入所者が刺された」と119番通報があった。消防から連絡を受けた県警柳川署の署員が駆けつけると、高齢者3人が腹などを刺されていた。3人は病院に搬送されたが、命に別条はないという。同署は、現場にいた入所者の無職、友添治容疑者(69)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 同署によると、刺されたのはいずれも無職で同園に入所している荻島ナミ子さん(74)▽沖ナツ子さん(81)▽高田勝功さん(70)の3人。

 逮捕容疑は、友添容疑者は同日午前6時から約10分の間に、2階の荻島さんの自室に入り、果物ナイフ(刃渡り約10センチ)で胸などを刺し、首などにも傷を負わせたとしている。さらに沖さんを2階の自室で背中を刺し、高田さんも2階から1階につながる階段で腰を刺したとしている。友添容疑者は「殺すつもりで刺した」と容疑を認めているといい、同署は動機などを調べている。

 柳光園の相浦園長によると、同日午前6時10分ごろ、高田さんが施設内の医務室に「友添さんに刺された」と駆け込んできた。騒ぎを聞きつけた男性の管理人が友添容疑者を取り押さえたという。

 同園には現在、60〜90代の高齢者45人が入所している。職員は17人で、事件当時は当直勤務の2人がいたという。友添容疑者は06年6月から入所。相浦園長は「普段は温厚でおとなしい性格の方。突然、刺したらしい」と驚いていた。【井上秀人、松尾雅也】

【関連ニュース】
殺人未遂:男性刺され重傷、口論の男逃走 東京・渋谷
殺人未遂:スーパーで女性刺した被告に実刑判決 神戸地裁
インスリン事件:24歳看護師逮捕 京大病院の担当者
横浜3人重軽傷:拳銃発砲後自殺の元組幹部書類送検
殺人未遂容疑:1歳娘の首絞めた母親逮捕 茨城・土浦

<千葉大生殺害>学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)
【ネット番記者】かわいい猫に和んで(産経新聞)
トキ襲撃 ケージのすき間にテンの毛(毎日新聞)
潮風号 今季もスタート 北九州・門司港(毎日新聞)
離脱の是非、判断は時期尚早=福島社民党首(時事通信)
[PR]
# by fpr63tba4z | 2010-03-19 21:43
 佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション(新潟県佐渡市)の訓練用順化ケージ(檻(おり))で、国の特別天然記念物のトキがイタチ科のテンに襲われて死んだ問題で、テンの侵入経路とみられるケージの金網に見つかった多数のすき間は、そのほとんどが2007年のケージ設置時からのものであることが14日、環境省の調査でわかった。

 同省はこれまでに、ケージ側面部に235か所、天井部に28か所の計263か所のすき間を確認した。最大のものは、幅12〜20センチ、長さ3・7メートルに及んでいた。すき間のほとんどは、施設の劣化ではなく、鉄骨の接合部などにできた構造上のものだった。

 また同省は13日夜、夜間でも動物の動きを捕捉できる赤外線カメラを設置。14日午前0時〜4時に計4回、トキのいないケージ内を走り回るテンの姿をとらえた。

 国のトキ保護増殖事業計画には、テンなどによる捕食を防ぐ対策をとるよう明記してあるが、ケージは、そもそもテンの侵入が防げない設計・施工だった可能性が高い。14日に現地を初めて視察した小沢環境相は、「テンは入ろうと思えば、どこからでも入れる状態だった。今までよく事故が起きなかったなと思う」と述べ、大幅な改修と設計・施工の問題点を徹底調査することの必要性を指摘した。

 順化ケージとほぼ同じ構造の繁殖ケージは昨年、テンが侵入したことを受けて補修された。順化ケージが補修されなかった点について小沢環境相は、「大きな問題だと思っている」と述べた。

宮城、福島、山形で震度4(産経新聞)
「反対したってやる」=役員報酬の開示義務化で−亀井金融相(時事通信)
<宇高航路>廃止届を取り下げ 運航の「四国フェリー」(毎日新聞)
接種後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議(医療介護CBニュース)
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故−横浜市(時事通信)
[PR]
# by fpr63tba4z | 2010-03-18 15:15
 13日午前10時10分ごろ、奈良市春日野町の春日大社の表参道に、腹に矢が刺さったシカがいるのを通行人が発見した。財団法人「奈良の鹿(しか)愛護会」が麻酔をかけて保護、矢を抜き傷の手当てをした。春日大社などがある奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、県警奈良署は文化財保護法違反容疑で捜査している。
 同署によると、保護されたシカは体長約130センチ、体重約44キロの雌で、推定10歳。刺さっていたのは金属製のボーガンの矢のようなもので、長さ約52センチ、直径約7ミリ。腹に約24センチ刺さって貫通しており、途中で折れ曲がっていた。 

通勤混雑回避わずか16%=昨年の新型インフル確認時−「企業が指示を」交通政策研(時事通信)
仕分け対象の可能性が高い50法人を公表―枝野担当相(医療介護CBニュース)
<訃報>徳田弘さん77歳=元秋田大学長(毎日新聞)
スギ花粉症の舌下減感作治療薬の開発準備を開始へ―鳥居薬品(医療介護CBニュース)
<インサイダー容疑>味の素社員に課徴金命令(毎日新聞)
[PR]
# by fpr63tba4z | 2010-03-16 23:30
 注目の第82回アカデミー賞授賞式が7日(日本時間8日)、米ロサンゼルスのコダック・シアターで行われる。今回は作品賞のノミネート数が従来の倍の10作品に増加。多様なジャンルの作品が並ぶ中、ともに最多9部門でノミネートされた3D大作「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)と戦争映画「ハート・ロッカー」(キャスリン・ビグロー監督)が事実上の一騎打ちとなりそうだ。

 作品賞候補には、アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」や異色SF「第9地区」など、バラエティーに富んだ作品が並んだ。これは、過去に一般受けしない作品ばかりがノミネートされ、授賞式のテレビ放送がつまらないという批判を受けてのもの。中でも「アバター」と「ハート・ロッカー」は、監督同士が元夫婦であることや、「ハート・ロッカー」のプロデューサーが自作に投票してほしいと映画芸術科学アカデミー(AMPAS)会員に電子メールを送っていたことが発覚するなど話題を呼んでいる。

 それではどちらに軍配が上がるのか。海外メディアなどの下馬評では、作品賞は「ハート・ロッカー」、監督賞がキャメロンに分かれるというのが大方の予想だ。その理由は選考主体のAMPASの特性にある、とアメリカの映画事情に詳しい映画ライター、よしひろまさみち氏は指摘する。

 「確かに『アバター』は映像革新を起こしたエポック的な映画だが、保守的なAMPASのプライドから、CGを駆使して何でもありの世界をつくったSF大作に作品賞を授与するとは考えられない。また、これまで女性監督に監督賞をあげたこともない。そこでそれぞれにバランス良く賞を分けようとするのではないでしょうか」

 昨年は「おくりびと」が外国語映画賞、「つみきのいえ」が短編アニメーション賞を受賞し、54年ぶりに日本作品ダブル受賞の快挙を達成したが、今年は候補作に日本映画がないのが少し寂しい。ただ、イラストレーターの上杉忠弘氏が携わった「コララインとボタンの魔女」が長編アニメーション賞にノミネートされているほか、長編ドキュメンタリー賞には、和歌山県太地町でのイルカ漁を隠し撮りした「ザ・コーヴ」と、2007年にミャンマーで殺害されたジャーナリスト、長井健司さんの映像が含まれたデンマーク映画「ビルマVJ 消された革命」の2本が候補になっており、注目される。

                   ◇

 ■個人的には「プレシャス」を

 資源発掘のため惑星パンドラを侵略するアメリカ人を描いた「アバター」と、イラクで爆発物処理の任務にあたる米兵の苦悩を描いた「ハート・ロッカー」。投票を行う映画芸術科学アカデミーの会員はどちらがお好みだろうか。

 これまでも作品賞は戦争映画が多く受賞している。「戦場にかける橋」「パットン大戦車軍団」「ディア・ハンター」「プラトーン」…。これを見ても、反米の「アバター」より、親米の「ハート・ロッカー」の方に票が集まるのではないだろうか。

 もちろん、3D映画時代の幕開けを飾るにふさわしい「アバター」は世界興行収入の最高記録をも塗り替え、映画史上に残るエポックメイキングの作品だ。ただ、例えば世界で初めて音の付いたトーキー映画「ジャズ・シンガー」(1927年)も、第1回アカデミー賞で技術効果賞にノミネートされたが、無声映画の「つばさ」にその座を奪われている。

 個人的な好みで言わせてもらえば、この2作よりも「プレシャス」を推す。80年代のニューヨーク・ハーレムを舞台に、16歳の肥満少女が親からの虐待にもめげず自立していく衝撃作で、少女役のガボレイ・シディベ(主演女優賞候補)と母親役のモニーク(助演女優賞候補)が素晴らしい演技を見せている。(伊藤徳裕)

【こども】性同一性障害、正確な実態不明 負担軽減…先生がカギ(産経新聞)
自宅から大麻、コカイン押収 JAYWALK・中村容疑者(産経新聞)
<ひき逃げ>91歳男を逮捕 女性はね重傷負わせ逃走 熊本(毎日新聞)
高円寺駅で飛び込み JR中央線 東京−高尾の快速運転見合わせ(産経新聞)
<自民幹事長>徴兵制を検討? 誤報で談話撤回(毎日新聞)
[PR]
# by fpr63tba4z | 2010-03-12 15:45